Date
Breast Cancer Ribbon

2014年スタートのNISAとは?

posted by:
admin

NISAは2014年1月からスタートする新しい投資の制度です。これは少額投資費課税制度のことで、もともとNISAはイギリスのISAという制度を参考にしたものです。ちなみにNISAの「N」はISAに「NIPPON」の「N」をつけたものです。

実は2013年末までは株式投資信託や上場株式で得られる分配金や配当金、売却益に対しては特別課税で税率が約10%だったのですが、以降は約20%まで上がってしまうので、投資家の利益が大幅に削られてしまうことになります。
そこで個人投資家がより投資に参加しやすいようにNISAがはじまったのです。

NISAはNISA口座と呼ばれる非課税口座を通じて最長5年間、毎年年間100万円までの投資で得られる分配金や配当金、売却益に対して非課税にするという制度です。NISA口座の開設機関はあらかじめ定められており、2014年〜2023年の間の10年間になっています。5年間毎年100万円までの新規購入分に対して非課税になるのですから、小口投資家からするとほぼ全額と言ってもいいほどの金額です。

NISA口座は1人1口座、銀行や郵便局、証券会社などの金融機関で開設することができます。

hr

株式投資の基本について調べてみました

posted by:
admin

株式投資は、投資対象としては最もポピュラーな投資方法といわれています。

株式投資は他のオプション取引が誕生する以前からあり、株式投資で財を成して現在資産家になっている人はたくさんいるといわれています。

株式投資とは、主に上場されている株式を売買する事によって利益を得る投資手法です。上場会社は、株式を発行して事業に必要な資金を得るわけですが、その株式も価格が変動します。安い時に株式を購入して高くなったら売る。それが株式投資の基本です。

株式投資の利益には、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」というものがあります。
キャピタルゲインは株の売買を通して得られる価格差の利益や株価が上がったことによって得られる利益の事で、インカムゲインは、企業が株主に対して行う「配当」の事です。

商品や金券など最近主婦層にも人気のある「株主優待」も魅力の一つですが、やはり一番の魅力はしっかりと資金を増やせるキャピタルゲインを狙っていく方も多いのではないでしょうか?

しかし、初心者がいきなり利益を得られるほど投資の世界は甘くはないものなので、セミナーや、書籍、インターネットなどを使って、勉強してから慎重に始めるべきだと思います。

投資について勉強するなら以下のwebサイトがおすすめです。
「ファイナンス情報blog」http://www.techsual.com/

hr

信託銀行の持つ役割とは

posted by:
admin

投資信託には、いくつかの関連会社というものが存在しています。金融商品の販売窓口となる販売会社、そして運用の指示を行う運用会社などです。これに合わせて、もう一つ重要な役割を担うのが「信託銀行」という機関です。ここではこの信託銀行の持つ役割について紹介していきたいと思います。

信託銀行の持つ役割は、投資信託にとっての銀行というわかりやすいものとなります。これについて考えるには、そもそも投資信託の仕組みというものが分かっていなければなりません。投資信託というのは、多くの投資家から預けられたお金を運用することによって利益をあげています。

投資銀行というのは、この多くの投資家から集めた資金というものを保管管理する仕事だということになります。運用する時には纏めて運用を行うことになりますが、当然配分する時には投資金額に応じて配分することになるので、誰がかどれだけ投資を行っていたのかということは分かるようにしておかなければなりません。

この信託銀行というのはこういった顧客情報の管理などもまとめて行っており、さらに投資信託自体が必要とする運用資金についても分別管理を行っています。信託銀行がしっかりしていないと、お金の不安が残るわけです。

hr

インデックス投資を導入する意義

posted by:
admin

インデックス投資のメリットを確認することによって、安全性の高い資産運用であることがわかります。
メリットが感じられてこそ、投資する意義があるのではないでしょうか。

少ない資金でも運用することができるインデックス投資は、海外では多くの投資家が運用に至っています。
日本でも投資商品は少ないものの、手間なく低コストで運用することができるという特徴に惹かれて、多くの投資家が注目しています。

資産の配分を考えながらリスクを分散することによって最大限のリターンを検証することができる点も魅力の一つです。
過去のデータが蓄積されているからこそ、これからの期待を簡単に割り出せるのも、投資家の安心を支えています。
資産配分を決めるにあたっての指標がはっきりしているからこそ、リスクヘッジが容易に行なえるのです。

少額からでも資産運用ができるからこそ、投資の醍醐味を経験するにはまたとない機会です。
投資の勝率をあげたいという願いを叶えてくれる環境としても、インデックス投資は力を発揮してくれるはずです。
多くのリターンを少ないリスクで迎えるためには、利便性と安全性に配慮された環境こそ、効率的な資産拡大に繋がるのです。
それが、リスクを踏まえた投資を行なう意義へと繋がります。

ゼロから始める国際経済入門

hr