Date
Breast Cancer Ribbon

自分にあった資産運用で快適な暮らしを!

posted by:
admin

あなたはお金と良い関係を保ててますか?小さいころは「お金もちになりたい」と漠然とした夢を語っていても、大人になればなるほどお金と良い関係を保つのは身をもって大変だと感じてしまう今日この頃です。

お金は、とても寂しがり屋でお金が集まるところに、どんどん集まっていくという話もあります。つまり、一度お金がない状態に陥ると、なかなか体制を経ちなおすのは難しいのです。つまり、お金を貯めようと時間を削って働いてお金を貯めるだけでは、どんどんお金が逃げていく状況をつくりかんません。

もっと違う視点からお金について考え直す時代がきているのです。そんな中、最近は個人投資家が急増しているといいます。小額から投資ができるシステムをはじめ、アベノミクスの投資家向けの税金に関する政策も後押しをして、盛り上がりを見せています。今では、個人の〝資産運用〟は身近なものなのですね。すぐに、利益がでるというメリットもありますが、リスクもつき物でもある〝資産運用〟ですから、正しい知識をしっかりと学ぶことに越したことはありません。自分にあった〝資産運用〟の方法を探ってみるのもいいかもしれませんね。

快適な暮らしを実現してくれる〝資産運用〟を是非チャレンジしてみてください。

hr

NISAについて知ってみよう

posted by:
admin

最近話題のNISAですが、名前は知っているけれど、内容はよくわからないという方は以外と多いのではないでしょうか?

NISA口座を持つと、そのNISA口座を通して投資信託や株などで稼いだ分が非課税になるという税制上のメリットがあります。
2014年1月からNISAは始まり、その非課税枠が100万円です。

NISAを使わずに投資した場合、約20%の税金が掛かるのですから、NISAは100万円以内の利益なら有利にお金を増やせます。

ただ、NISAにもいろいろと条件があります。
非課税の期間は最大5年間となっていて、投資総額も500万円と制限があります。
非課税の100万円というのは1年間の非課税枠です。
そして、NISAの口座を開設出来るのは20歳以上と定められています。

NISAの非課税枠100万円は1年間という期間が定められていて、この100万円枠は翌年に持ち越せません。

ただし、5年間ポジションを持ち続けて一度も非課税枠を使わなければ、次の非課税期間に100万円の非課税枠が引き継がれます。
次の非課税期間というのは5年間です。
NISAの対象期間は基本的に5年間なのです。

毎年利益が出ているなら、毎年の100万円の非課税枠を使ってしまうのが賢いやり方です。
しかし、長期保有型の運用方法でやっている人なら、上記に挙げたように次の非課税期間に100万円を持ち越すやり方も有効でしょう。

hr

自分年金に関しての考え方は様々

posted by:
admin

老後への不安の払拭の方法と言えば様々ではありますが、巷間では自分年金の存在感が高まっています。自分年金とは、公的年金に頼るのではなく、自分自身で年金を拠出しようというものなのですが、自分年金をどのように考えるかはいわば人それぞれでもあります。なぜなら、自分年金には様々な方法がありますし、何より、「これじゃなきゃダメ」という事もありません。いろいろな形がありますので、自分自身の経済力に合わせた形で自分年金を考えれば良いのです。また、環境にもよるでしょう。収入のみならず、自分自身がどのような環境にあるのか。

独身か既婚か。自営業か会社員か。これだけでも自分年金の理想の形は異なってくるのです。ですので、自分年金を考える際には、様々な角度から考慮しなければならないのです。

いくら他人から絶賛されている貯蓄財形であっても、それが必ずしも自分に合うとは限りません。投資が良いとする人もいれば、投資は苦手だという人もいるはずです。投資が苦手な人に投資による自分年金作りを勧めても、決して良い結果をもたらしてくれるとは限りません。その点をよくよく踏まえた上で、自分年金をどうすべきかを考える事こそがとても大切なのです。

hr

貯蓄では増えない資金を増やす

posted by:
admin

皆さんは将来の資金について、どのようにお考えでしょうか?仕事をしている間はその収入で生活していくことができますが、当然仕事をリタイアした後はその収入がなくなってしまいます。再就職を考えるにしても高齢者の就職はどんどん難しくなることも考えられるでしょう。そういった時に重要になるのは、仕事をしている間からしっかり積立を行っておき、資産形成をしておくということです。

では、資産形成のために行える積立にはどんなものがあるでしょうか?まず第一に最もポピュラーに行われている積立として挙げることができるのは、やはり銀行に対する貯蓄だといえるでしょう。毎月決まった金額を貯金していくことで、地道にお金をためていくというのがこの方法です。

しかしながら、現状日本の銀行金利というのは非常に低く、お金を預けていても全然増えないという状況にあります。一般的な貯蓄で積立を行っても、大きな資産形成を行うことは難しいでしょう。

より高い資産形成効果を持つ積立の方法としては、積立投資があります。これはファンドにお金を積み立てることで、長期的な投資を行って資産を増やしていくというものです。投資とはいえリスクは低く設定されており、簡単にできます。

急成長中の金融ベンチャーを束ねるCEOをご紹介します。
ニューズウィークに掲載された起業家インタビュー
注目経営者に関するまとめ記事です。

hr

教育費がどれぐらいかかるか

posted by:
admin

子どもの教育にどれぐらいのお金がかかるのか考えたことはあるでしょうか。現在は公立の義務教育については無償化が行なわれていますが、あくまでも授業料の話です。その他の部分では、当然別途必要になるお金というのがあります。例えば部活動のお金や給食費なども教育費の一部ということになります。

高校以降は義務教育ではなくなるため、授業料についてもお金が必要になります。特に私立の場合にはより一層かかるお金が大きくなることになります。小中学校についても私立には授業料が掛かりますから、それ相応の教育費用がかかることを考えておかなければなりません。

その後、大学に行くとなると種別によっては非常に大きなお金が必要となります。これらのお金は、親が用意して置かなければなりません。その手段の一つとして、学資保険の利用があります。

学資保険は子供が出生した時点で親が契約を行い、毎月決まったお金を保険料という形で積み立てていきます。そのお金は契約によって支払われるタイミングが違い、各学校への入学時に支払われる場合もあれば、大学入学時に一括で支払われるという制度を取っている場合もあります。いずれの形でも満期は最長で子供が22歳(大学院進学年齢)の時とされるのが普通です。

hr

株式投資の本を購入する

posted by:
admin

株式投資をしていく場合には表面的な知識だけでなく、深くしっかりとした知識を手に入れておきたいものです。この場合に本があると、調べたい時に調べることができるので非常に便利になります。
インターネットだけの情報だと、間違っている情報であるリスクもありますが、調べたいときに調べられない、自分のコメントやメモをすることができないというデメリットがあります。

このようなデメリットが、株式投資をしていく上で大きなデメリットになってしまうこともあります。
株式投資をしていく場合には、個人的なメモや、ちょっとしたコメントが大きく役立っていくこともあります。

そのため一冊でも頼りにできる本を購入して、しっかりといつでも確かめられるような状況を作っておくことをおすすめします。
株式投資に関する本というのは書店で購入をすることができると言えます。あまりにもその時代について特化をしているよりも株式投資がどのようなものであるのかということのほうが長期的に利用できる本になると言えるでしょう。

そのような本の方が自分でしっかりと考えて投資をすることができるようにもなるため、投資に対する理解や、知識を深めていくこともできると言えます。

hr

2014年スタートのNISAとは?

posted by:
admin

NISAは2014年1月からスタートする新しい投資の制度です。これは少額投資費課税制度のことで、もともとNISAはイギリスのISAという制度を参考にしたものです。ちなみにNISAの「N」はISAに「NIPPON」の「N」をつけたものです。

実は2013年末までは株式投資信託や上場株式で得られる分配金や配当金、売却益に対しては特別課税で税率が約10%だったのですが、以降は約20%まで上がってしまうので、投資家の利益が大幅に削られてしまうことになります。
そこで個人投資家がより投資に参加しやすいようにNISAがはじまったのです。

NISAはNISA口座と呼ばれる非課税口座を通じて最長5年間、毎年年間100万円までの投資で得られる分配金や配当金、売却益に対して非課税にするという制度です。NISA口座の開設機関はあらかじめ定められており、2014年〜2023年の間の10年間になっています。5年間毎年100万円までの新規購入分に対して非課税になるのですから、小口投資家からするとほぼ全額と言ってもいいほどの金額です。

NISA口座は1人1口座、銀行や郵便局、証券会社などの金融機関で開設することができます。

hr

株式投資の基本について調べてみました

posted by:
admin

株式投資は、投資対象としては最もポピュラーな投資方法といわれています。

株式投資は他のオプション取引が誕生する以前からあり、株式投資で財を成して現在資産家になっている人はたくさんいるといわれています。

株式投資とは、主に上場されている株式を売買する事によって利益を得る投資手法です。上場会社は、株式を発行して事業に必要な資金を得るわけですが、その株式も価格が変動します。安い時に株式を購入して高くなったら売る。それが株式投資の基本です。

株式投資の利益には、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」というものがあります。
キャピタルゲインは株の売買を通して得られる価格差の利益や株価が上がったことによって得られる利益の事で、インカムゲインは、企業が株主に対して行う「配当」の事です。

商品や金券など最近主婦層にも人気のある「株主優待」も魅力の一つですが、やはり一番の魅力はしっかりと資金を増やせるキャピタルゲインを狙っていく方も多いのではないでしょうか?

しかし、初心者がいきなり利益を得られるほど投資の世界は甘くはないものなので、セミナーや、書籍、インターネットなどを使って、勉強してから慎重に始めるべきだと思います。

投資について勉強するなら以下のwebサイトがおすすめです。
「ファイナンス情報blog」http://www.techsual.com/

hr

信託銀行の持つ役割とは

posted by:
admin

投資信託には、いくつかの関連会社というものが存在しています。金融商品の販売窓口となる販売会社、そして運用の指示を行う運用会社などです。これに合わせて、もう一つ重要な役割を担うのが「信託銀行」という機関です。ここではこの信託銀行の持つ役割について紹介していきたいと思います。

信託銀行の持つ役割は、投資信託にとっての銀行というわかりやすいものとなります。これについて考えるには、そもそも投資信託の仕組みというものが分かっていなければなりません。投資信託というのは、多くの投資家から預けられたお金を運用することによって利益をあげています。

投資銀行というのは、この多くの投資家から集めた資金というものを保管管理する仕事だということになります。運用する時には纏めて運用を行うことになりますが、当然配分する時には投資金額に応じて配分することになるので、誰がかどれだけ投資を行っていたのかということは分かるようにしておかなければなりません。

この信託銀行というのはこういった顧客情報の管理などもまとめて行っており、さらに投資信託自体が必要とする運用資金についても分別管理を行っています。信託銀行がしっかりしていないと、お金の不安が残るわけです。

hr

インデックス投資を導入する意義

posted by:
admin

インデックス投資のメリットを確認することによって、安全性の高い資産運用であることがわかります。
メリットが感じられてこそ、投資する意義があるのではないでしょうか。

少ない資金でも運用することができるインデックス投資は、海外では多くの投資家が運用に至っています。
日本でも投資商品は少ないものの、手間なく低コストで運用することができるという特徴に惹かれて、多くの投資家が注目しています。

資産の配分を考えながらリスクを分散することによって最大限のリターンを検証することができる点も魅力の一つです。
過去のデータが蓄積されているからこそ、これからの期待を簡単に割り出せるのも、投資家の安心を支えています。
資産配分を決めるにあたっての指標がはっきりしているからこそ、リスクヘッジが容易に行なえるのです。

少額からでも資産運用ができるからこそ、投資の醍醐味を経験するにはまたとない機会です。
投資の勝率をあげたいという願いを叶えてくれる環境としても、インデックス投資は力を発揮してくれるはずです。
多くのリターンを少ないリスクで迎えるためには、利便性と安全性に配慮された環境こそ、効率的な資産拡大に繋がるのです。
それが、リスクを踏まえた投資を行なう意義へと繋がります。

ゼロから始める国際経済入門

hr